fc2ブログ

自転車で旅しよう!

ロードバイクで出かけた時の様子や娘の演奏活動の様子を書き留めておきます^_^

BRM528千葉300km(秩父)二本木峠を経由して有間峠へ

2

今夜は仕事関係の食事会があります。食事会なのか?飲み会なのか・・・どちらも一緒じゃねぇ!

どうせ痛飲しちゃうんだから(笑


でも・・・たまには休肝日を設けないといけませんよね・・・この為と自転車に楽しく乗れるように仕事がんばっているようなもんですから仕方がないか。

あっ、忘れちゃいけない・・・頑張っているのは、家族の為・・・間違いない(爆


ども・・・araitaです。


28日のBRM528千葉300km(秩父)の記事・・・前回記事に続いて楽しんで戴けたら幸いです・・・

どうやら無事に有間峠のトップに到着出来そうですよ(笑


二本木峠・・・結構、辛かったぜ(笑


標柱から5kmほど行ったところでしょうか・・・クリアした証に記念撮影。


ホイールも替えてきて良かったよ・・・ギアも28にしてあるし、コスカボ40C且つ、スプロケの最大ギア25だったら、やばかったね(爆


2016052834.jpg

二本木峠クリア


ZENさんと少し立ち話・・・水分補給にちょっと失敗したみたいで脚、攣ったとか・・・何気にホッとしましたよ。


房総の暴走機関車ことZENさん・・・それでも脚が攣るってことあるんだよ(笑


話を戻して・・・いよいよダウンヒルの開始です。ここで油断してはいけません・・・ダウンヒルの途中に何ヵ所か分岐点がある・・・特に塞神峠のY字路は要注意です。

コースアウトしてダウンヒルしてしまったら後が大変・・・またこの勾配ルートをクリアしなければなりませんからね。

そんな思いを心に抱きながらダウンヒルしましたが・・・5km程進んだ塞神峠で左に行かなくてはいけない所を右へ・・・直ぐに気づきましたので良かったですね・・・危ない危ない(笑


K287に入って高砂橋の交差点を右に曲がって約1km・・・142.7km地点のPC3に到着します。ルートの右側に位置するPC3、駐車場にロードバイクを乗り入れた時点で私・・・気付いちゃいました。

だって・・・デカイし!いやっ、失礼・・・そこには自転車仲間のセパッチ・・・セパさんが居るではありませんか(笑


スタート前に秩父界隈を走行・・・そんな情報を得ていたので、もしかしたらと思いましたが!そして買い物を済ませて、店から出てくるとなんと・・・今度はケロさんまでもが迎撃に!何とも手厚いおもてなし、有難うございます。


2016052835.jpg

PC3 セブンイレブン長瀞中野上店


セパさんケロさんに確認するもゆっくり座ってランチが出来るお店は、この辺りだと厳しいね!と云う事で、ランチはこのPC3でしっかり摂ることで決定・・・ブルベですからね、名店でのランチも含めてそれは、ファンライドの時までお預けね。

コンビニ弁当でのランチ、私は親子丼と飲み物にカフェオレ選択と云うミスマッチ(爆

二本木峠のアタックで汗もかきまくり・・・赤コーラもロックアイスと共に痛飲(酒じゃないんだから)して火照った身体を鎮めました。


しっかり食べてしっかり休息・・・セパさんとケロさんに別れを告げて、R140で秩父市街を経由して有間峠を目指します。お二人様、迎撃有難うございました(笑


2016053102.jpg

セパさんとケロさんの迎撃(photo by Tomyさん)


アタック開始のK73までは、平坦基調の秩父市街地を直進・・・ここで少し脚を休めておきましょう。


ランチでお邪魔したかった豚みそ丼の野さかさん、わらじトンカツの安田屋さんは、やっぱりそれなりの行列が出来ていましたね・・・そんなことを思いながらR140を直進!

あれっ、前方歩道脇にサイクルジャージを身に纏ったおやじを発見・・・


なんと、今度の迎撃はYabooさんではありませんか!


2016052901.jpg

R140にて迎撃の様子(photo by Yabooさん)


Yabooさんによれば、普通は有間峠・・・行きませんよ!

えっ、そうなの~?


PCではありませんので、その程度の会話と写真を撮ってもらって先を急ぎます。

PC3から約40km走行して今回のラスボスである有間峠、途中林道広河原逆川線に入ってそのトップまでは、約20kmの道のり。


とうとうやって来ましたよ、ここまでダンシング・・・ほとんど封印しての走行、それもこの有間峠へ続くこの道のりを問題なくクリアするためなのです。

ちょっと大げさだけど、そのくらいの意識を持って今回は臨んだ訳なんですよ!


2016052837.jpg

ZENさんとオヤジさんは先を急いでいる様子(笑


2016053106.jpg

上記の写真を撮影しながら進む管理人(Photo by Tomyさん)


162km地点を境にアタック開始・・・トップまで長い、長~い20kmの182kmの地点・・・勿論自分の力量をフルに発揮して、ダンシングとシッティングの併用で行っちゃいますよ(笑

後にはTomyさん・・・時々声を掛けながら、談笑しながら走り続けていきました。


2016052839.jpg

トンネル手前でローディーに追いつくの図(笑


2016053105.jpg

その様子を写真に納める管理人(Photo by Tomyさん)


ここからいくつかトンネルを抜ける筈だから、浦山ダム湖辺りまではのんびりゆったり、折角の初秩父だし、制限時間にもまだ余裕はあるし・・・写真を撮りながら進みました。

自分の脚と相談して、少しづつ踏み込んでいきながら・・・後10kmの登りであれば、踏んじゃっても大丈夫(笑


2016052840.jpg

前方ローディーをパスしてからトンネル内の様子を撮影


トンネルの中は気温も低く、ひんやりしていて気持ちが良い・・・車通りもほとんどなく、走行しやすい路面でした・・・トンネル内の傾斜も利用しながら速度を徐々に上げていきます。


2016052842.jpg

浦山ダム湖界隈も緑一色で良い感じ


この辺りはアップダウンの連続でしたかね・・・浦山ダム湖周辺の風景も脚付き無し、走行しながら今日は片手にデジカメ構えて記録を撮ります。

ピントの良し悪しは別もんでね・・・悪しからず(笑


2016052843.jpg

K73をひたすら前進するのみ


浦山ダム湖を抜けた地点を自らダンシングとシッティングの併用ポイントと決めておりました・・・

さぁ~それなりにガシガシ行きますよ!


2016052844.jpg

これが最後のトンネル


トンネルを抜けると林道広河原逆川線・・・奥久慈の花園渓谷の記憶を蘇らせる様な雰囲気もありましたかね。


このあたりから所々に落石・・・


あっちにも、こっちにも注意警告立て看板が設置してあるところもありましたね。


2016052845.jpg

林道広河原逆川線・・・何気にキツイ


雰囲気・・・良いじゃないかぁ~・・・


2016052846.jpg

林道広河原逆川線・・・マジでキツイ


そう思いながら走らないと辛い(爆


2016052847.jpg

林道広河原逆川線 小川のせせらぎに癒される


走りながらなので撮影ポイントをどうしても逃してしまう・・・このポイント良いね!と思ってもすでに遅し(笑

立ち止まって撮影すれば良いんだけど・・・とりあえず、自分の中でトップをクリアするまで脚付きはご法度!


2016052848.jpg

林道広河原逆川線で前を捉えた


デジカメの画面も確認せず、半押しでピントを合わせてシャッターを切るだけ・・・そんな感じ。

よっしゃ~前方にローディー確認できました。


2016052849.jpg

林道広河原逆川線から山々を望む


写真を撮影しながらも、一応・・・追い込みをかけます。


2016052850.jpg

林道広河原逆川線で追い込みをかける


そして・・・「お疲れ様で~す!」と声を掛けながらパス!

先を行くローディー5名ほどパスできましたが・・・


2016052852.jpg

林道広河原逆川線もこれで終わりか?


残念ながらZENさんとただのオヤジさんには僅か届かず・・・トップが近付いて来てしまいました。


ここでもAJ千葉スタッフの方が出迎えてくれて苦しんでいる様子を激写してくれましたよ。


スタッフ「あと3km程で登り終了で~す!」

管理人「了解で~す、お疲れ様で~す・・・でも、どれだけ登らせるのさぁ~(笑 いやぁ~長かったです」

スタッフ「頑張ってくださ~い!」


そんな漫才談で息を吹き返しながらの走行(笑・・・長かったぜ。


2016052817.jpg


前方に・・・有間峠の標柱を発見! おっ・・・やっと見えたぜ、有間峠!


次回へ続きます。


では!



関連記事
スポンサーサイト



2 Comments

araita says..."To ZENさん"
脚攣りだけは、本当に嫌ですよね〜
いろいろな対策も必要ですが、基本的には
鍛えるしか....体質もありますからね。

息を深く吐くことでも緩和できますよ。
2016.06.02 11:59 | URL | #FtJMunw. [edit]
ZEN says...""
よーし、今度から毎回、脚攣ってやるぅ!



やっぱ、あの激痛は、勘弁だ(+_;)
これからに備え、対策中であります( ̄^ ̄)ゞ
2016.06.01 16:43 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。