fc2ブログ

自転車で旅しよう!

ロードバイクで出かけた時の様子や娘の演奏活動の様子を書き留めておきます^_^

日光いろは坂と中禅寺湖

2

今夜は仕事の関係者での飲み会・・・最近どうしても飲み過ぎてしまうんだよなぁ~
飲まなきゃ良いんですよ、飲まなきゃね・・・と云われること必至(爆
でも、2年半継続してきたプロジェクトが無事終わった訳だから、気も緩みがち。
今夜御一緒戴く皆様、宜しくお願いします・・・今夜も楽しんで飲んじゃいましょう。
2年半・・・お疲れ様でした~みたいな感じでね(笑

では、本題・・・
五つのコンセプトを掲げてやってきました栃木県。
では日光へ、いざ出発。

道の駅やいたのスタートは、午前8時丁度・・・ヨシッ、予定どおりだ。
少しづつ日差しが明けるK461号をひたすら直進し、日光市街へ向かいます。
相棒・・・ソロだからな・・・今日もお前だけが頼りだぜ(爆
完全登り基調な往路ですが・・・ソロですから、ゆっくり気長に行きましょう。

しかし日光に来るのなら、やはりカメラ持参でしょ・・・カメラ!
でも・・・携帯しているのは、スマホだけ(爆
悔やんでも仕方がない、いつものことだから(笑

そんなことを考えながら栃木道をひた走る・・・
2015110302.jpg
天候の方も徐々に青空が開けてきた・・・
待ってろよ!いろは坂(笑
来るまでは何度も走行したことのあるいろは坂。
ロードバイクでの走行は、今回が初めて・・・紅葉にもワクワク、胸躍らされますが
初めての走行と云うこともこれまた新鮮すぎる。
2015110303.jpg
矢板市から塩谷町を抜け・・・来るまでは何度も走行したこの栃木道。
勝手知ったるこの道で、日光まではあっという間だ!

紅葉に彩られた街中をさらに抜けて日光市へIN。
世界遺産、日光の社寺までわずか17km!
所々ポイントに標識がしっかり掲げられているので間違うなんてありえない。
さすが観光の名所・・・日光です(←褒めすぎだな)
2015110304.jpg
大谷川沿いを北上して霧降大橋T字路を左折してK119号へ突入・・・神橋のT字路に早くも到着です。
勿論周囲は午前早い時間にも係わらず観光客でごった返し。
私がとりあえず向うのは・・・馬返し・・・大変失礼いたしました。

話を戻して・・・スマホの画像では表現しきれない日光東照宮近傍の紅葉・・・
見ごたえありました。
やはり、カメラを持参してくれば良かったなぁ・・・残念です(悲
2015110305.jpg
景色に見とれている場合じゃありません。
まずは、いろは坂・・・先を急ぎましょう。

田母沢御用邸他、日光の由緒あるホテル街をすり抜けK120号に入ります。
馬返しまで大谷川に沿って走り続けると天候もずいぶんと回復、日差しも眩しくなってきた。
癒されますね~この風景・・・まさしく・・・自転車日和となりました。
2015110306.jpg
そして、大谷川のこの看板を過ぎるとそこは馬返し・・・第二いろは坂のスタート
と云っても過言ではありません。写真を一枚撮影して、先を急ぎます。

そして、いよいよ、待ちに待ったいろは坂に突入です・・・やしおつつじのある第一カーブの
【い】だけは画像に収めておきましょうね(笑
2015110307.jpg
【いろは坂 第一カーブ い】
2015110308.jpg
その後は、走行しながらの撮影・・・
11月に突入してしまったけど、まだ紅葉は綺麗です。
中学生でしょうか・・・二人組の男の子・・・クロスバイクでこのいろは坂に参戦(爆
2015110309.jpg
「こんにちわ」
「お先に失礼しますよ~」とパスして・・・明智平までは、たったの6km!
2015110310.jpg
日本ロマンチック街道 第二いろは坂・・・上っていても
ヒルクライムしていても・・・全く苦にならない(笑・・・なんだか不思議な気持ちになります。
坂嫌いな管理人・・・ですから(笑
でも・・・後ろから何やら気配・・・ガシガシ踏み込むクロモリライダー・・・はっはっはっ・・・っと迫り来る。
そんでもって・・・「右側、失礼しま~す!」って・・・パスされちゃった(笑

その後も後方が気になるのか、それとも私が早く見えるのか、言い換えるなら、そんなに
剛脚に見えるのか~!
だから、お伝えしておきました・・・「大丈夫ですよ、こっちは、ゆっくり行きますから~」
九十九折りの道路上部から・・・頭下げられちゃいました。
そんなに急いでどこ行くの?(爆
明智平はすぐそこさ。
2015110311.jpg
黒髪平展望台にも寄ってみた・・・そこからの眺望がこちら。
2015110312.jpg
おしいな・・・ちょっと雲が出て来ちゃったので、紅葉に日差しが届かないか!
2015110313.jpg
トップの方はすでに冬景色?
落葉の方が多いでしょうか?
2015110317.jpg
黒髪平から明智平までは二車線の右側を走行・・・ボスざるとも出会ってしまった明智平。
2015110319.jpg
所々分厚い雲が日差しを遮り、いろいろな景観が楽しめる。
動画の方が良かったかな(笑
2015110320.jpg
本日の第二いろは坂・・・今のところ渋滞はしておりません(爆
2015110321.jpg
写真を数枚撮影して先を急ぐ!
トンネル抜けて、中禅寺湖畔でランチにしましょう・・・ランチに!
予定通りの走行で基幹的にも中禅寺湖に到着は午前11時・・・これなら
とんかつ・・・ソースかつ丼・・・食べれるか?
2015110322.jpg
トンネル抜けるとすぐ二荒橋前のT字路にぶつかる。
右へ行けば華厳の滝・・・左折すれば中禅寺湖・・・ランチ予定場所は、浅井精肉店。
ただ・・・観光目的ではないので、行列に並んでまで食すつもりはないんですが・・・
有名どころでのお店でランチも良いんだけど、時間との勝負もあるんで考え処・・・
16時頃までには、デポした道の駅やいたに到着したいですからね。

混みあっていなければ、食べておきたいなと・・・さて、どうでしょう?
ソースかつ丼と勿論、コスパでも有名な・・・浅井精肉店・・・あっ、だめだこりゃ!

やっぱり・・・既に行列出来ている・・・軽く一時間待ちだとか・・・まだ午前11時ですけど。
開店30分前に到着していないとだめですかね・・・エンジン付きのライダーが多かったですね。
道路にバイク横付け出来るからなぁ~

まぁ、店内に6席しか席がないから仕方がないよね(爆
今回は諦めて別のお店に向かいます。
ちなみに・・・
写真中央に看板を行列の後方に運んでいるお店の方がいらっしゃいますが・・・
本日のランチ・・・完売・・・だそうです。マジですか(爆

次回・・・食べに来てみましょう・・・新たな目的が出来ちゃった。
2015110326.jpg
それでもって私は何処へ行ったかと云うと・・・ここ・・・
湯葉豚まんが食べられるお店・・・そして気さくなご主人、いや御婦人の居る喫茶。
2015110325.jpg
【喫茶 アドニス】さんです。
快くロードバイクも木製デッキ上にデポさせて戴き、何とか直ぐに席も作れるという事で・・・決定。
喫茶だったので、女性客や外国人の方が多かったんですけどね。
サイクルジャージのオヤジさん・・・1名、失礼しま~す。
2015110323.jpg
メニューを見るとハンバーグ定食やら、カレーライス、サンドウィッチにビーフシチュー・・・等など。
由緒ある日光中禅寺湖畔の喫茶で私が注文したのは、マッシュルームが豊富なビーフシチューランチ。
勿論、アイスコーヒー付・・・でも、アイスコーヒーの場合は、プラス100円です。

中禅寺湖畔の日差しがふんだんに入る席でのランチ・・・外で食べられますか?
と訪ねられるほどの陽気・・・勿論、お店の中で食べましたけどね、お店の中で(笑
2015110324.jpg
そして最後に・・・デザートか?・・・湯葉豚まんも注文。
この色が絶妙でしょ!黒皮と云うか、湯葉皮と云うのか?

味の方ですが・・・普通の豚まんと同じ・・・ですかね・・・でも湯葉の風味が?
良く判りませんでした・・・兎に角、本日のランチ・・・美味しく戴けました(笑
御馳走様でした。

正午までにランチを済ませた管理人・・・予定どおりの走行運び。
第一いろは坂のダウンヒルもスピードは出せないのでゆっくりマッタリ降りて、楽しむつもり。
その後、本日のメインディッシュが待ってるからね(笑

いろは坂と中禅寺湖は本日の前菜・・・さぁ、メインディッシュと行きましょう。

次回へ・・・続く。

関連記事
スポンサーサイト



2 Comments

araita says..."Re: No title"
Tomy 様

是非来シーズンに走りに行きましょう。
紅葉の時期よりも新緑の時期の方が走り易い
と思いますしね。今回は11月ということもあって
空いていましたが!

いろは坂は、問題なく登れますよ、霧降の方が勾配もきつく
長いので、心が折れてしまいます。
2015.11.09 07:41 | URL | #FtJMunw. [edit]
Tomy says..."No title"
ここのところ精力的に色々と走られてますね〜
仕事がひと段落したからでしょうかね?
何かと忙しいと思うので、時間ができたときにはたっぷり
休養とそして趣味に走る時間は必要ですよね。

日光はまだ自転車で行ったことが無いだけに、とっても参考に
なります。ぜひとも来年はチャレンジしてみようと思うコース
ですが、いろは坂ってそんな簡単に登れるもんですかね?

メインディッシュも期待してますよ〜
2015.11.07 20:06 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。