自転車で旅しよう!

ロードバイクで出かけた時の様子や娘の演奏活動の様子を書き留めておきます^_^

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイヤ交換(ヴェロフレックス マスター25 ベージュサイド)

0

先日自転車仲間と共に走った峰岡林道の旅・・・ZENさん復活ライドで発覚した後輪タイヤ
のサイドカット!
タイヤ接地面の状態としてはまだまだ走れる状態ではあったんですが、サイドが破れて
しまっては、どうしようもありません(泣

補修したところで、安全に他する不安は消え去りませんからね、サクッと交換という事で!

今回はヴェロフレックス マスター25を採用してみることにしました。
クリンチャーでありながらチューブラーの様なしなやかな走りが体感できるのか?

そんなことも考えましたが、マッドブラックのEMONDAに装着する訳なので、タイヤも
ブラック一色だと真っ黒黒助になってしまうもんで・・・

ベージュサイドのこのタイヤにしてみた訳なんです。

レトロっぽいところもマッドブラックのフレームになかなかマッチする・・・そんな狙いもあるんですが(笑

2015082401.jpg

タイヤを梱包された箱から取り出した瞬間・・・何だこりゃ?
そんな感じを受けました。

今までのタイヤと形状が違う!

早速ホイールに嵌めてみる訳ですが、このタイヤやはり・・・丸みを帯びてくれないので嵌めにくい!

今までのタイヤは、接地面にある程度のケーシング他素材の厚みがあるため、自然とチューブを挿入する
懐が確保された訳ですが、ヴェロフレックス マスターは違います。

接地面の厚みが均等なため、その懐が確保されず、真っ平ら・・・チューブは入れにくいが、これが今までの
タイヤとは違う、チューブラーの様な走行性を味わえる証なのでしょうか(笑

写真を撮っておけば良かったのですが、撮り忘れ・・・タイヤを装着した状態(空気充填前)は台形の様な
というか、逆さ富士のような形状・・・判ります(笑

その様な状態で装着されるので、空気を少し入れてからチューブの挟まれ防止として指圧でモミモミ
してあげないといけませんね。

まぁ、装着については直ぐに慣れるでしょう(爆

そしてタイヤ幅も23ではなく25にしてみた訳ですが、さてどのような乗り心地が体感できるでしょうか?
これまた楽しみです。

2015082301.jpg

どうでしょう?マッドブラックにこのレトロっぽいタイヤ・・・タイヤロゴが片側しかありませんから
方向性はないものの、装着時に要注意です。

最終的にこのタイヤに落ち着くでしょうか・・・では!

関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。